応援ありがとうございました。

神戸六甲ボウルの皆様と、クラウドファンディングして下さった皆様に、心より感謝致しております。

2大会共ボールを12個登録しました。

フェィズゼロ・アイドルレッド・パララックス・アキュラインツアープレミアム3・ジエンペラーブラック・シュアドミネーション・真打!KATANA十六夜・ハイロードパープル・スーパーボランチ・アッパーカット・ボルト・ホワイトドットです。

六甲クイーンズ予選前半5ゲームは、シュアドミネーションで8枚目を真っ直ぐから13枚目を真っ直ぐで1177、後半5ゲームはアキュラインツアープレミアム3・ハイロードパープル・シュアドミネーションで13枚目を真っ直ぐで1121、翌日準決勝5ゲームはシュアドミネーションで8枚目を真っ直ぐから10枚目を真っ直ぐで1094、ラウンドロビンはシュアドミネーション・ボルトで10枚目を真っ直ぐから13枚目を真っ直ぐで1695、3位決定戦はアイドルレッドで15枚目を真っ直ぐ220、優勝決定戦はアイドルレッドとアッパーカットで15枚目真っ直ぐと10枚目を真っ直ぐで154でした。

全体的にシュアドミネーションだけが奥の食い込みを感じれて、あとはどれを投げても先が甘く感じました。

早いと思ってくすんでて曲がるボールに変えると余計曲がらなくなる不思議な結果になるので、光ってるボールで甘いとわかっていてもしっかり投げるよう努めていたのに、最後の1ゲームではやはり曲がりを求めてしまったので走るボールで薄めを狙えばよかったと反省しています。

クリスタルカップは、予選6ゲームをアイドルレッドとボルトで6枚から9枚を真っ直ぐかクロスに投げて1348、マッチゲーム1回戦2ゲームはシュアドミネーションで11枚から13枚を真っ直ぐ投げて510、2回戦2ゲームはアイドルレッドで12枚から13枚を真っ直ぐ投げて449でした。

日に日に先の甘さがきつくなり、ボールが右に流れて行くのが怖かったです。

久しぶりに板目に対して真っ直ぐ投げないといけないタイトな視線での投球でしたが、投げたいと思ったコースを投げられた今の状態はとても良かったと思っています。

8ヶ月ぷりに再開となった公式戦を投げてみて、やはりこのための日々が自分の生きがいなんだと再確認しましたので、ブランクがあっても投げ切れた事と併せて大きな収穫でした。

これで六甲クイーンズは2年連続2位となりましたので、また来年に生かせるよう感覚も感情もしっかり覚えておきたいと思います。